給湯器の修理をする

給湯器の部品交換について

トップ / 給湯器の部品交換について

給湯器設置に関する情報

給湯器の基盤交換は年数で判断

給湯器も、電化製品などと同じように耐用年数があります。機種などによってその差はありますが一般的には10年から15年程度と言われています。その間、故障しないと言うことではなく故障しなくても基盤の交換を長年していないと劣化によって熱効率が悪くなることがあります。給湯器が故障した場合に部品の交換が必要であれば、寿命と考えられ基盤交換を進められることが多いでしょう。使用年数や修理場所が関係してきますが、使用年数が5年程度の部品交換の修理でも高額になることがあります。修理にするか基盤交換にするかは使用年数で判断すると良いでしょう。

基盤が壊れやすいから基盤交換を

給湯器はなかなか壊れなくて、長年使っている方が多いのではないでしょうか。そこまで丈夫になっているのですが、ただ壊れることももちろんあります。壊れる部分は色々ですが、一番多いのが基盤となります。なぜ基盤が壊れてしまうのかというと、それは基盤自体頑丈になっているというわけではないからです。基盤自体ちょっとしたことによって直ぐに壊れてしまいます。もちろん壊れてしまいますと、基盤交換が必要としていて、この基盤自体ちょっと高い場合があります。ただ新しい給湯器を購入するよりも、基盤交換をしたほうがいいですので、壊れてしまったら修理するのが良いですね。